移動目的

陸路であれ、海路であれ、空路であれ、人々は移動を続ける。

自分の希望と責任を全う、実感するために。例えば、愛する子どもや家族のために旅に出る人も多いと思う。「あ~来て良かった。」「やっと見ることが出来た。」は、当たり前のことで、それ以上の自分の心に大きな影響力を与え人生すらも変化させていく力があるものが、移動(旅)であると思う。考えてみれば太古の人類が生活・生存をかけ、移動を続け、あらゆる大陸・あらゆる海を駆け巡った歴史は承知のことだ。現代において人々の移動は、まさしくタイムマシーンのごとく目をつむっている間に数千キロも移動できてしまう。例えば快適であり、例えばスピーディーであり、便利この上ない。

希望と責任を再確認するために波乗り旅行に出発するのだが、必ず喜びや、メモリアルになる出来事ばかりではない。その道のりには小さなことや気になることも多くある。時間通り運航していないとか、空席がないとか、料金が高いとか、連れがアル中とか!!不満や不足は当たり前のこととして、やはり気になるのは海と波、自然と人々の生活、酒と食事、ワクワクしてくる。

DSC00571

(サーフポイントまでの移動手段)

その島で最初に食べたものは、ローストポーク、フランスパン、袋詰めのカット野菜。一番初めに乗った波は腰胸サイズのポイントブレイク、ライトウェイブ。ぬるいビール、安価の赤ワイン、しかしベッドは大きく疲れをとるのに充分だ。部屋からの眺めも申し分ない。朝、痛みにきしむ体をリセットして先ずは良い波のあるところを探す。大会会場であるポイントに行く道すがらにもサーフポイントは点在しているので、見過ごすわけにはいかない、先ず一日一回サーフィンとか、帰り道に目星を付けたポイントで一日の汗を流すとか、色々想像を膨らませながら目的地へとまたしても自動車で移動する。車窓からはるか沖合アウターリーフに炸裂する波を見ながら今までに来たことのないトロピカルアイランドの力強さを実感している。都市部以外はまだ「裸の島だ」そんな気にもなってくる。例えば変わり者でバイセクシュアルのゴーギャンが熱帯の裸の島にあこがれ安堵したことも、サーファーが熱帯の裸の島にあこがれることも心の中に魂の解放の部分で共通なところがあるのかもしれない。

DSC00573

(信号機のないドライビングロード)

大会会場は風強く、この日は波のコンディションをはかり午後1時までウィティングがかかり各選手とも浜辺やテントの周りをうろついていた。はじめて海外のニーボーダーと話が出来たのもこの時だ。その口からフランス語が発せられるか、英語なのか、はたまたポリネシア語か、少し緊張もあったがヨットパーカーの胸に「KneeBoarder」といかにもお手製の刺繍の施してある彼を見つけ「どこから来たのか」聞いてみると、答えはスペイン語で返ってきた。ともかくお互いにニーボーダーであることを確認すると握手をかわす、私は知りうる限りのスペイン語をならべてみた、笑いをともない何とか共通語は下手くそな英語に落ち着いた。一緒に食事をしてワインを口にする頃には冗談の連発、笑いは他の選手へと広がっていく、彼がもと世界チャンピオンだとか、実力がずば抜けているとかはどうでもよくて、ただこの大会ではじめに会えた選手だということ、出身は遥かスペイン領カナリア諸島だということだけで私のサーフショップのチームライダーにしようと思った。板はオリジナルのカナリア製を使用しているので少し考えてウェットスーツのサポートをすればどうだろうか?日本にはウェットスーツを作る仲間のニーボーダーがいる。各国とも愛好家の少数なニーボードだけに世界と繋がることが自分たちの仲間を増やし長く強く存続してゆくための役に立つものと思っていた。

DSC00737

(エントリーに最適な場所へと急ぐ!)

彼との話は進み、帰国後まずサンプルを送ることを約束したのだが、この時点ではまだ日本語、スペイン語、英語の会話の混乱の中ちゃんと理解できているか不安もあった。大会結果をインターネット配信で見てみると彼は、グランドマスタークラス2位と堂々とした成績である。予選時から最悪のウェイブコンディションにもめげず勢いのあるライディングを見せていた。長時間の移動の連続の末に目的である世界大会をレポート、日本にニーボーダーの世界を紹介できたこと、同じスポーツサーフィンであるニーボード仲間の繋がりを強める目的と、わりあい個人的にはいい点数を自分につけてみたい。

david face2

(彼からの返信を写真付きで全文紹介したい日本文は翻訳ソフトを駆使したものと思われる)

(デイビット・フェルナンデス、2013TAHITI WORLD CUP、GMクラス2位)

 

 

友人こんにちは、私は再び完璧な、感謝を持っていることを示すために写真を送って、私は2015年に次の世界選手権のためのお金を持っていると思っています。よろしく

Comments are closed.

Copyright 2013 PLANETCRUISE
Top