1999年発刊のニーボードサーフィング誌から この記事を訳してみた2

(英文訳 : 堀江 拓   文章アドバイス : 犬塚 浩士)

ニーボードシェイパーの公開論

・あなたの板の乗り味についてわかっていますか?

・指導的なニーボードシェイパーにニーボードの全ての概要をたずねてみた。

 

 

レールフォイル(レールのシェイプ形整)

レールは板の中で大切な要素なのですが、一般の人達からは見落とされがちで、レールの事よりボトムカーブとか板のカラーデザインとかアートデザインの方を重要視されがちです。レールは新しい板に影響を与える大切な部分と考えるシェイパー達が多いです。

ボトムとかロッカーとか長さ、アウトラインはシェイパーが違っていても割合同じ結果を出すことがあるのですが、レールはシェイパーによって変化が大きく、サーファーにもダイレクトにその違いが伝わります。実際に板を持った感じも海の中のフィーリングもその違いを感じる所です。DSC00948

小波、ノーパワー、ライダーも直立しているようなときは、たいていシェイパーは、デッキの厚みをそのままフルレールにした物を用意します。この形状の板は、水面でいつも復元しようとします。もしライダーが低重心でもっとドライブターン出来る人ならば、シェイパーはレールフォイルを薄くしてターンへのエントリーがしやすくします。通常、レールが薄いほどシャープで大きなターンを維持することが出来、レールがフルであるとターンのぬけは良いのですが、ドライブターンを維持する時間が、短くなります。しかし、あまりローレールにして、レールフォイルの肩の部分を薄くしすぎるとそれなりのリスクがあります。ターンは楽なのですが、水がレールにかかりやすく、特にチョッピーなど波面のバンプを拾いやすくなります。これらのレールの形をあわせて、ぬけの良いレールを考えなくてはなりません。レール薄ければ、ターンはしやすく、フルレールに近ければぬけが良くなります。ターンのドライブを維持して更にぬけを良くするには?

今私たちは、ローレールで水のぬけの良い形を話し合っているところです。その為には、ソフトなレールでワイドポイントか、センターポイントの後ろあたりまで、エッジの少ない板で、理想を言えば、レールエッジはボトム側から少し上がっていて、Veeの面にソフトなレールがあり、ノーズからセンターポイントの後方まで滑らかに繋がっていることでしょう。デッキレールの面を薄くローレールにしたことによる水のかぶりを補う為のソフトレールです。デッキラインとレールラインの繋がりの部分がフラットなものに私たちはこれからの照準を合わせています。(フラットに近いフルデッキ) それはデッキ面のロール部分を少なくしてレールに繋がる肩の部分を調整します。レールはデッキ、ボトムと共に1枚の板に一体化しているもので、ただ板を眺めたり、持ってみたりするだけでなく、実際に海の中でサーフィンした時に板を立体として感じることです。デッキ、レール、ボトムの3つの数値が=板の立体値です。(ボトムカーブカルミネーションと言う言葉がここで使われているのですが、翻訳家も私もこのボトム調整の意味はわかりませんでした。)

DSC00954

デッキとレールはフォイルとして表されるものです。(削り出すカーブの形状) シェイパーはこのフォイルを使うことによって、ボトムカーブやアウトラインに関係なく板にリフト性とドライブ性を与えることが出来ます。(素晴らし!!) 色々な板の要素とは別にレールの作りだけで、その板の個性が生まれます。今、ローレールでワイドポイントのあたりからボキシ―でレールボリュームがあるものを試しています。そうすることにより、ターンが軽くなり少しルーズな板になり板のレスポンスが高まります。しかし、一つのことだけで、板が良くなるわけではなく、たくさんの要素とデザインがミックスされて出来上がっていくことがキーポイントです。もし新しい板をオーダーするとすれば、自分がどれだけ低重心に構えてライドするかをシェイパーと話すことからでしょう。

文:ブルース・ハート

DSC00955

フィンセット

フィンのサイズ

小さいフィンほど良く板が動いて、小波に合っている。大きなフィンは良くドライブターンが出来て、ハードな波にも合わせることが出来ますが、ターンすることが難しくなります。大きなフィンはハードなコンディションで板のスピンやルーズを抑えてしっかりと波にホールドしてくれるます。

フィンの形と大きさ(面積)とレイクアングル(フィン形状の傾き)とフィンの高さを考えてフィンフォイルします。大波ではフィンのベースも大きくレイクアングルも強い方がいいです。波のサイズにより板をホールド出来るかそれとも楽にターン出来るかそのどちらを自分が選択するかを考えることから、フィンの形が決まってきます。

フィンのプレイスメント(フィンを板のどの位置に置くか)フィンの位置を前方にすれば板の回転性が良くなり、軽くターンします。特にセンターフィンの位置を変えれば、このことはすぐにわかるでしょう。サイドフィンを板の外側に付ければドライブが効いて波に対するホールドが増します。逆にフィンをストリンガーに近づければターンはルーズに感じます。

フィンのトーイン(トーはフィンのつま先として)

フィンの前方を内側に傾けるフィンのつま先に角度をつけ、回転性と復元性を高めます。(いつも板は進行方向に走り出します)スイベルシステムはこのフィンの角度を自分で変えることが出来ます。ほとんどのシェイパーは色々なフィンシステムを使用します。システムに合った多くのフィンを試すことが出来るからです。ライダーのあなたが、どんな波に乗ってどんなパフォーマンスをするかによって、このシステムで試すことが出来るからです。ここ最近のドリフトライダー達は少し違うフィンのセットアップを選んでいます。グラスフィンでワイドベース、アングルが強くフィンの上方1/3のフォイルが薄く、フレックスを与えてくれます。ライダーのフィードバックな意見としてボトムでの大きなターンの時に素晴らしいフィン機能を発揮してくれます。そしてまた、波のトップでのターンもイージーにしてくれる優れものです。バックフィン(センターフィン)は通常ショートボックスに設置されていて、面積も小さく殆どスタビライザーとして機能しています。まるでツインフィンの様であるが、このスタビライザーを使用してドライブ性を高めパフォーマンスにつなげています。ジョージ・グリノーのシングルフレックスフィンからの改革時から色々なフィンの形の実験をしていて特にニーボーダーの場合、フィンの位置、形の実験が行われていて、いままであげたフィン要素の中から自分に一番合ったものをシェイパーに聞いてみることが私のアドバイスです。

文:ドリフトサーフ

DSC00953 以上が、ShaperForum全文の訳となります。ニーボードサーフィンだけでなく、スタンディング・ショートボードとも多くの共通点があり、板が波の上を自由にライディングする為の基本原理は同じように感じ取れました。ライダー個人の必要である板選びは、時間をかけ・多くの話をして、とかく本気で取り組むことからなんだなっと、自分の姿勢に少し安心しました。

カメは歩くのが遅い・・カメの形は海中でストレスなしに泳ぐ形状だった。

IMG_2271

文・訳:タク ホリエ

文・訳:タク ホリエ

アドバイザー:ヒロシ イヌヅカ

アドバイザー:ヒロシ イヌヅカ

Comments are closed.

Copyright 2013 PLANETCRUISE
Top